Explore these ideas and more!

Explore related topics

着想のマエストロ 乾山見参! 展示構成 サントリー美術館第5章 彩りの懐石具 ― 「うつわ」からの解放  乾山窯は正徳2年(1712)、鳴滝から京都市中の二条丁字屋町(ちょうじやちょう)に移転し、懐石具を多く手掛けるようになります。懐石具自体は鳴滝時代から作られていましたが、時はまさに京焼全体が飲食器の量産に向かっていた時代。乾山も競合ひしめくこの分野で、果敢に勝負に出たのでした。 ここで乾山最大の武器となったのは、琳派風の文様や文学意匠に基づく斬新なデザインです。文様の輪郭に縁取られた向付、内側・外側の境界を超えて、水流が駆け巡る一瞬を取り出したかのような反鉢など、立体と平面の交叉するその着想は、現代の私たちから見ても遊び心にあふれ、新しく見えるものばかりです。 こうして乾山は「うつわ」の枠にとらわれない彩り豊かな懐石具で成功を収めたのです。

着想のマエストロ 乾山見参! 展示構成 サントリー美術館

Mukōzuke with chrysanthemum design in overglaze enamels, Edo period century), The Gotoh Museum, Ogata Kenzan

Decorative Dish by Birger Kaipiainen

View Decorative Dish by Birger Kaipiainen on artnet. Browse upcoming and past auction lots by Birger Kaipiainen.

Dish by Birger Kaipiainen

View Dish by Birger Kaipiainen on artnet. Browse upcoming and past auction lots by Birger Kaipiainen.

Fat by Birger Kaipiainen

View Fat by Birger Kaipiainen on artnet. Browse upcoming and past auction lots by Birger Kaipiainen.

Clay Art, Pottery Clay

Birger Kaipiainen

Birger Kaipiainen

Pinterest
Search